TDBC
NEWS

TDBCからのお知らせとメディアへの掲載

  1. みんなの物流DX 運送業の価格転嫁に不可欠なDX 改正物流2法を踏まえた運賃収受の考え方とは

    [みんなの物流DX] [Web]2024年6月24日公開株式会社トランストロン オウンドメディア

  2. 物流Weekly 7月5日にフォーラム TDBC

    [物流Weekly] [業界紙]2024年6月6日

    続きを読む
  3. 株式会社ライナロジクス セミナー開催 【緊急提言!「物流革新に向けた政策パッケージ」法制化の現状と対策】

    TDBC会員の株式会社ライナロジクスがオンラインセミナーを開催します。テーマは、「物流革新に向けた政策パッケージ」法制化の現状と対策 〜物流関連二法施行まで1年を切った今、AIx動態管理で実現する解決策をご紹介〜と題し、TDBC 小島代表とTDBC理事でもある株式会社traevoの鈴木社長がお話します。物流事業者の方、荷主企業方は是非ご参加ください。開催日程2024年6月12日(水) 17:00~18:00セミナー構成・物流二法の法制化と具体的な対策のポイント・協力運送会社の車両動態まで分かる物流DXプラットフォーム「traevo(トラエボ)」のご紹介・自動配車クラウドサービス「LYNA 自動配車クラウド」における運行実績の活用こんな方にオススメ・物流二法の法制化と具体的な対策について知りたい物流事業者の経営層の皆さま、荷主様・複数協力会社の車両運行実績の集約や動態管理にお悩みの荷主様、物流事業者の管理者の皆様・配車計画における運行実績の活用について知りたい物流事業者の管理者様※同業他社様にはご参加をご遠慮いただいております。 申し訳ございませんが、ご理解の程よろしくお願い致します。講演時間(予定)17:00~17:30:一般社団法人運輸ビジネスデジタル協議会17:30~17:45:株式会社traevo17:45~18:00:株式会社ライナロジクス講師株式会社traevo代表取締役社長 鈴木久夫 氏 一般社団法人運輸ビジネスデジタル協議会 代表理事 小島薫 氏株式会社ライナロジクス営業企画室 室長 佐藤あすか配信形式ZOOMウェビナー受講費無料

    続きを読む
  4. 商工中金:「物流の 2024 年問題」に対する中小企業の動向レポートの公開

    2024年5月8日に株式会社商工組合中央金庫が実施した2024年問題に関する業界へのアンケートの結果レポートが公開されました。「物流の 2024 年問題」に対する中小企業の動向 (商工中金景況調査 2024 年 2 月調査 トピックス分)商工中金は概ね四半期に一度、中小企業の景況感をはじめとする実態把握のため、 景況調査を実施しています。今般、2024 年2 月調査のうち、毎回内容を変えている質問項目(ト ピックス調査分)の結果を公表しました。<事業類型別・「物流の 2024 年問題」に対するリスクの認識・対策状況> 「物流の 2024 年問題」に対するリスクの認識・対策状況をトラック運送事業者と荷主で比較 しますと、トラック運送事業者は約 8 割が対策に着手している一方、荷主事業者は「事業リス クを認識しているものの、対策には未着手」が約3 割を占め、 両者の対策状況には明確な差が 見られました。<運送事業者と荷主事業者の懸念する「物流の 2024 年問題」の影響>「物流の 2024 年問題」によって受けることが予想される影響については、ほとんどの荷主事 業者が「物流コスト上昇」を懸念している一方で、トラック運送事業者は「運賃引き上げに伴 う収益改善」を「人件費上昇による収益悪化」が大きく上回りました。 またコンプライアンスリスクについて、荷主事業者はトラック運送事業者と比べても影響を 懸念している割合が少なく、荷主側の危機感の醸成がまだ進んでいない可能性があることがわ かりました。詳細レポートはこちらをご覧ください。https://www.shokochukin.co.jp/report/data/assets/pdf/240508.pdf

    続きを読む